--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/27/2011    支援の輪



大変ご無沙汰しております




東北地方太平洋沖地震
被害状況を目にする度、胸を痛め涙する日々から16日が経ちました。
まだ16日、もう16日 様々な思いがあるかと思います。

ありきたり過ぎる言葉とはわかっています。
わかってはいますが、
被害者の方々、そしてご家族、ご親戚、ご友人、関係者の皆様に
心より謹んでお見舞い申し上げます。



今、1日1日と多くの方々による支援の輪が広がっています。
多くのコミュニティサイトやブロガー様の記事で目にした方もおられると思いますが、
当方のblogにおきましても、下記の2点を転載させて頂きたいと思います。



*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*


①【避難所、仮設住宅でのペット同伴可能に関する署名をお願い致します】
ポチたまの松本秀樹さんが、避難所や仮設住宅のせめて一部でもペット同伴可になるよう、環境省宛てに署名活動を始めております。
※阪神淡路大震災及び、新潟県中越沖地震の際にも行われました。


**以下転載**
 

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』
環境大臣 殿

【 趣 旨 】
私達は、災害時における愛玩動物と、その飼養管理者(飼い主家族)の双方における精神的安定を維持するための条例制定を目標とし、
避難所及び仮設住宅での共同生活を確保することを要望します。

1.避難所について
愛玩動物同伴可能の避難所を、全避難所のうちの25パーセント確保することを要望します。
もしくは、1避難所の中に、愛玩動物同伴可能のエリアを25パーセント確保することを要望します。

2.仮設住宅について
愛玩動物同伴入居可能の仮設住宅を、全仮設住宅のうち、25パーセント確保することを要望します。

3.災害時の愛玩動物への給餌・給水
災害時、愛玩動物に対して最低限の給餌・給水をすることを要望します。

4.災害時の愛玩動物の健康維持について
A.飼い主家族からの要望があった場合、獣医師へ協力を要請することを要望します。

B.災害によって飼い主が分からない愛玩動物については、保護施設にて一時預かり及び、必要により健康診断・治療等の措置を取り
その愛玩動物の写真を印刷物やホームページにて掲載し、預かりを公示することを要望します。


以上の要望に対しご賛同いただけました方は、指定の署名用紙にて、署名活動にご協力頂きます事を心よりお願い申し上げます。


**以上転載**

http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html ←こちらより署名用紙をダウンロードし、原本を郵送して下さい。



②【日本動物愛護協会より支援物資の募集】
日本動物愛護協会が募集している支援物資の記事を転載致します。
緊急災害時動物救援本部こちらもご参照下さい。


**以下転載**


緊急災害時動物救援本部では、皆様からの支援物資を募集しております。
集めた物資は仕分けし、被災自治体からの要請に基づき、各地にお送りいたします。

■現在募集している物資は以下のとおりです。
 ※3月27日現在の内容です。募集物資の内容が一部変更されておりますのでご注意下さい。

・ペットフード(犬・猫のみ) ※未開封で、賞味期限が3か月以上のもの
・ケージ ※中から大サイズの折りたたみできるものに限ります
・タオル ※新品または洗濯済みのもの
・ペットシーツ
・猫用トイレ砂
・毛布 ※新品または洗濯済みのもの
・フードボウル(食器)
・飲料水


■送付先
〒145-0072
東京都大田区田園調布本町16-6
緊急災害時動物救援本部
℡ 080-2074-1821
【受付時間】午前9時半~午後5時半
      ※配達時間指定をお願いいたします。

■募集期間
4月中旬まで

■ご協力
 犬グッズのオンラインショップ
 「FEEL SO DOOG ~フィール・ソー・ドッグ~」

**以上転載**

*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*■*



頑張ってくださいなんて言いません。
ただ どうか、どうか希望を捨てず心を強く持って下さい。
私たちは支援し続けます。

一人でも多く、一頭でも多くの命が助かりますように



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。