--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/08/2009    時の記録。


長雨でお散歩に行けなかった ルさん


DSCF8550.jpg
スネぎみでした(笑)


2009.10.7

昨晩の台風
ハリケーンかと思いました
※ハリケーン未体験ですが(笑)


眠りにつく前に、めぇ殿へおメール返信際中に
ウトウト... ウトウト...

「ギィャァアーーー!!!!!」

の声に、自分で驚き 夢の声が現実となり
リアルに覚えているほど、相当 恐い夢を見て シャウト
きっと ものすごい声だったのであろう、父が心配して部屋まで来ました (苦笑)

今も思い出すと身震いします


で、一応無事に返信完了

台風が接近してきた 4時頃に雨風の音で目が覚め
音が恐くてならない ルさんがお布団の中で ヴゥー、と唸るので宥めつつ

chachie♪さんが心配でおメールしたら、すでに停電していると
暫くして、我が家も5時半過ぎに ブチンッと停電

とにかく 家の外はものすごい音で
いつの間にか夜が明けてしまった・・。


そのまま起きて、階下へ行き
母が 信号も停電で街路樹も大変なことに!と、お早い情報提供
で、早めの出勤したわけですが


信号機の位置が風力で、グルっと変わっていたり・・・
停電の影響で、コンビニへ食を求める人だかりができていたり・・・
あちらこちらにある会社やお店の看板なんかも、被害が生じていたり・・・


今までの人生において、ありえない光景を目にし
地震や豪雨の天災で被害に遭われた被災地とは
もっと 地獄のような光景なんだろうな、と。


= 今回の被害で痛感したこと =


*停電の信号機の交差点*
強引に道行く ドライバー
手で合図して道を譲る ドライバー

人の心
譲り合い、協力し合う気持ちが大切なこと


*当たり前の生活*
当たり前に電気が使えて、
当たり前に食事ができること

普通の生活ができるって、本当に幸せなこと


ライフラインが、もっと機能していなかったら どうなっていただろう


人間とは、と考えさせられた日でした





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。